さあGWも終わりました。本格的に勉強していきましょう。

本日使用するデータは学内サーバーthsozai/~内か、こちらにあります。必ず自分のローカル作業環境にコピーまたはダウンロードして作業してください。

今後は次のようなルールで作業していくようにしてください。

まず、自分のフォルダー内に  KADAIフォルダー   と   WORKフォルダー   を作成してください。

今後は毎回、作業のためにデータフォルダーを作っていきます。

フォルダー内には

FOOTAGE/・・・素材データ
PROJECT/・・・プロジェクトファイル
MOVIE/・・・・書き出したムービー

の3つのフォルダーを作成してください。

そして、その中に毎回作業データを残していってください。提出のための書き出したムービーデータだけではなく、素材やプロジェクトファイルも確実に残すようにしてください。

本日の作業データフォルダー名はKADAI-01です。KDAI/内に新しくKADAI-01フォルダーを作成してください。

 

今日は次のようなムービーを作りたいと思います。

このムービー制作で学ぶ要素は

  1. 平面レイヤー
  2. シェイプレイヤー
  3. 円の作成とキーフレームアニメーション
  4. サークルドットの作成とキーフレームアニメーション
  5. テキストロゴデータ(ai)の読み込み
  6. アルファー(マスク)チャンネルを使う

さて、順を追って作っていきましょう。

新規プロジェクトの作成
「コンポジション」/「新規コンポジション」で新しいコンポジションを作成します。


“コンポ1” とします。
以後は”コンポ1”の中で作業を行っていきます。

平面レイヤーの作成
「レイヤー」/「新規」/「平面レイヤー」を作成を選びます。これは背景(BG)になります。背景は色をつけたり、グラデーションにすることができます。

次に、「レイヤー」/「新規」/「シェイプレイヤー」で「楕円」を選びます。そのまま描くと楕円になってしまいます。正円を描く場合には「Shift」キーを押しながら描いてください。

正円が描けます。シェイプレイヤーには属性があり、塗り、線、などが変更できます。
今回は塗りはナシ、線の太さを40としてください。
小さい円が大きくなりながら円の太さを小さくしていきます。

『HAL』のロゴデータ(ai)を読み込みます。

サークルドットの作成

アルファ(マスク)チャンネルを使う

欲しいアルファチャンネルがあるレイヤーをすぐ上に配置して置きます。「トラックマット」モードで「アルファチャンネル」を選択します。注意点は欲しいトラックマットのレイヤーを必ずすぐ上のレイヤーに置くことです。

ここまで出来たら、もう少し頑張ってみましょう!

参考チュートリアル