さあ、13回目の授業です。そして、夏休みに入ります。

Particle Worldの補足

Floorの設定によって床に跳ねるパーティクルが作れます(サンプル コンポ1)

Particle Worldを用いたロゴアニメーションを作ってみましょう!

サンプルファイルはこちらです。

今日はこれを作ってみてください。

訓練課題として提出してください。
KADAI-05
です。

さて、

今まで習ってきたことは次の通りです。

・シェイプレイヤーShape Layer
・サークルレイヤーを中心とするエクスプロージョンアニメーション
・ヌルオブジェクト、階層構造
・プリコンポジション
・キーフレームアニメーション、グラフエディター、アニメーションの補間法
・グローエフェクト
・エコーエフェクト
・パーティクルエフェクト(CC Particle System II / CC Particle World)
・ブラシアニメーション
・線エフェクト
・キネティックアニメーション
・フローラルアニメーション

 

そしてこれらを駆使して最終課題のアニメーションを作ってもらいます。

最終評価課題

  1. 自分で考えたモーショングラフィックアニメーションを提出する
  2. テーマやデザインは自由 なんでも良い
  3. 構成としてはタイトル + 作品 とする
  4. ロゴタイトルは「(NAME) Portfolio2018」「HAL TOKYO」「After Effects」「Motion Graphics」など 他、組み合わせ自由
  5. 秒数は1分以上
  6. 音楽、SE(効果音)を必ず入れること
  7. 提出期限 8/27(月) 締め切りを厳守
  8. 課題ネームは HYOKA-06 です。

そのために何が必要か?

・ こんな感じのものを作るという参考資料を集める リファレンスの収集
必ずリファレンスを集めてください。これはプロでも必ずやることです。また、これはグループや共同作業をする上でも重要です。それは、同じイメージを掴むという上でもです。

・ 簡単な構成、レイアウト、ストーリー、絵コンテを描く
一度、手描きで簡単に描いてみること。レイアウト、バランスなどが確認できると思います。

・ 素材を集める、作る、撮影する フッテージの作成
作業に入る前に必要な素材を作っておくこと。

・ 客観的にチェックする
一度、中間で書き出しをして客観的に確認をしたり、他の人に観てもらうといいと思います。

そして自分で興味を持ったことをもっと深く追求してみると良いと思います。

楽しい夏休みを過ごしてください!

夏休み中、質問等あれば、

kenwaternavi(あっとまーく)me.com
(あっとまーく)を@に変えてください

まで連絡してください。